SEOライティングのコツは『ユーザー目線』を徹底することです

SEOライティング
TAKA
トレンドアフィリエイトの重要なスキル「キーワード選定」「ライバルチェック」トレンドアフィリエイトは、この二つのスキルのみで収益をあげることが可能です。実際に、この二つのスキルで上位表示させて、中身のない記事を書いているトレンドアフィリエイターは少なくありません。芸能人の名前が間違っているのに、上位表示されている記事もたまにあるくらいですから・・w

そして、これが「トレンドアフィリエイトの欠点」とも言えます。

なまじっかおぼえた『キーワード選定』と『ライバルチェック』のスキルで、上位表示か可能になりますから、どうしても記事の内容が疎かになる人がいます。

ユーザーの質問や知りたいことに応えていない記事が上位に表示されている現状・・これではダメなんですよね!

そこで今回は「トレンドアフィリエイトの欠点」を克服することと精通して、『キーワード選定』『ライバルチェック』の次に必要なスキルをご紹介します!

まぁスキルというか・・・ブログにアクセスを集めるための基本中の基本です。でわ、スタートです!

『SEOライティング』のコツをつかむ!

『SEOライティング?』・・初心者にとっては、いきなりハードル高めの言葉ですよね?

「SEO」つまり「アクセスを上げるための文章を書くテクニック」・・ですね。要約すると確かにそうなのですが、ここで説明することはテクニックとは異なります、なぜなら『SEOライティング』とは、上手な文章を書くことではないからです。

私が思う『SEOライティング』のコツ・・・とは?

「ユーザー目線」を徹底して文章を書くということです・・これは、Google に評価されるのは「ユーザーの役に立つ記事」・・となります

つまり、ユーザーに役に立つ記事を書けば、ユーザーに評価され上位表示が可能になるということなのですが、そもそもユーザーに役立つ記事って、どのような記事なのか?ここを理解されてない方が多いのではないしょうか?

ということなので「ユーザー目線」を徹底して記事を書く!ということを私の経験を踏まえさせてもらいながら、シンプルに説明させて頂きます。

私はこの「ユーザー目線」を理解してから書くことが楽しくなり、記事の内容とキーワード選定が劇的に変わりました。そして、じわじわアクセスが向上し、1日平均PV2万のアクセスを集めるブログを運営することが出来ています。

「ユーザー目線」を徹底することとは?

まず「ユーザー目線」の話に入る前に、検索プラットフオ―ムのGoogleの話をしますね

Googleを理解することが、「ユーザー目線」を理解することになりますから・・・。

グーグル

Googleという検索プラットフオ―ムは広告収入で成り立っています。

収益を上げるためには多くの広告主を獲得しなければなりません・・・つまり、Google の検索エンジンを使う人をたくさん集めなければならないということです。

人が集まらなければ広告価値は下がりますから、広告主も集まらなくなります。

多くの検索ユーザーに使われるためには、つねに「良き検索プラットフオ―ム」でなければなりません・・そのためにGoogleは、検索ユーザーが検索することで便利で欲しかった情報や納得する記事が上位に表示されるようになっています。

しかし、この上位表示に関しては、実はまだまだ不十分なところもございまして・・・だからこそ、Googleはアルゴリズムの変更などを経て進化し続けているのです!

ということは、「ユーザー目線」を徹底して「役に立つ記事」を書けば、上位表示される可能性が高くなりますので、まさにこれが『SEOライティング』になるのです。

誰に何を書くのか?

Googleには、様々な検索目的を持ったユーザーが日夜検索しております!

例えば、「悩み」という検索キーワードでもいろいろとございます・・自分の体の悩みとか、家族の悩みとか、会社や政治に対する悩みとか、はたまた、自分の将来の悩みとか・・・このように悩みだけでも千差万別です。

さらに体の悩みなら、具体的にどの部分の悩みなのか?目、肩、腰という体の部分の悩みもあれば、今の時期なら熱中症で体調を崩す悩みなどもございます

このように多種多様な事柄に対して、記事を書くなら最初に「誰に何を書くのか?」を明確にすることが重要になりますターゲットとカテゴリーの絞り込みは、内容のある記事を書く基本です。

万人に役立つ情報や記事などは存在しないし書けないことを、まずはご理解ください。

相手にどうなってほしいのか?

記事を読んで頂いた人に「どうなってほしいのか?」を明確にすることで、伝え方が変わり、メッセージ性が強くなります。

検索ユーザーの質問に対して、解決する方法や的確なアドバイスを提供できるとするなら、「この記事を読んだ人にはこうなってほしい!」という相手を想う気持ちが必要です。

もしあなたが、相手への気持ちを持たずに、たんたんと記事を書いているなら、相手への想いを持つようにしてください!相手の悩みに、真摯で誠実に向き合う姿勢がもっともユーザーに喜ばれるのです。

これぞ、『ユーザー目線』ですね。

「悩み」に対するリサーチを怠らない

検索ユーザーの心理を分析することも大切な「ユーザー目線」になります。記事を書く前に、ユーザーの「悩み」や「質問」に対するリサーチは必ず行ってください!

あなたの推測で「悩み」や「質問」を判断して、記事を書くなんてあり得ない行為ですから。

悩みのリサーチで使うのは Q&A サイトです「教えて Goo」「Yahoo!知恵袋」ですね。

Q&A サイトには、ユーザーの様々な悩みが投稿されており、その悩みに対してのアドバイ スもたくさん投稿されていますということは、読者の悩みをリサーチするのにも効果的なのです。

お薦めは、こちらの無料ツールです。

『関連キーワード取得ツール』

試しに、「熱中症」で調べてみましょう!関連キーワード取得ツールをクリックして、検索窓に「熱中症」と入れます!

関連キーワード

このように「熱中症」に対する、複合キーワードとQ&A の一覧が表示されます。

そして、赤枠のところが重要になります「Yahoo!知恵袋」と「教えて!goo」です。ここに、検索ユーザーの「熱中症」に対する「悩み」が具体的に書かれています

内容をしっかりチェックして、悩みの実態とどのようなアドバイスが支持されているか?などもチェックしてください。このツールを使うことで、あなたの思い付きではなく正確に市場調査したうえでの記事が書けるようになるのです!

まさに「ユーザー目線」の徹底ですね。

徹底した「ユーザー目線」で「役に立つ記事」を書く

まとめです・・まずは「誰に何を書くのか?」というターゲットを明確にすること。そして「この記事を読んだ人にはこうなってほしい!」という熱い想いで記事を書くこと・・・ただし書く前には、キーワードの「悩み」や「質問」の市場調査をしましょう!

思い付きや推測で書かないようにしてください。以上が『SEO ライティング』のコツです。

『SEOライティング』には、高度なライティングテクニックや文章術などのスキルは必要ないのです。相手のことを想い、役に立つ気持ちを持つことが『SEO ライティング』の能力を向上させます!

徹底した「ユーザー目線」で「役に立つ記事」をどんどん書いていきましょう!あっ・・・もちろん、正しい『キーワード選定』と『ライバルチェック』は必要不可欠ですよ!