ジャンルが理解できるようになればキーワード選定は変わりますよ

コンサル
TAKA
今回は、『特化ブログ実践記』です!

前回から紹介している、アイドルブログですが・・アクセスが伸びています。

今月の月間目標PVは、15万PVですが・・・それは達成できそうですね♪15万PVですから、1日平均、5000PVです。10月前半は4000PV前後だったんですが、最近は6000PVを超えることもしばしば

因みに先月は、炎上系狙いでキーワードを仕掛けて6000PVを達成させた日もありましたが今月に関しては勝手に上がる6000PVなんですよね~♪

その辺りを説明しますね・・・でわ、スタートです。

6000pv

ジャンルが理解できるようになればキーワード選定が変わる

タイトル・・そのままですがw、ジャンルのことが理解できてくるとキーワード選びが変わるというか・・・まったく困らなくなります。

アイドルブログで言えば、書けばアクセスが必ず上がるキーワードが随時30~40個、溜まるようになっています・・書くのが間に合ってない状態ですw。

最初の頃のキーワード選定の苦戦はなんだったのかw?

虫眼鏡、サジェスト、キーワードプランナー・・・とにかくボリューム重視で書く!そんな日々でした・・・・w。

今もボリュームはもちろん調べますが、ジャンルのターゲット、つまりペルソナが求めていることを中心にキーワードを選定しています!

ペルソナの要望が理解できていないキーワード選定ペルソナの要望が理解できているキーワード選定とではアクセス数も雲泥の差ですが、アクセスの中身も大きな差が出ます・・・。

あとジャンル(業界)が理解できてくると、先読みでキーワードを選定することもできるのでライバルがほとんどいないところで、独り勝ちの記事も増えて来るようになりますよ。

どうして、そんな状態になったか?意識したことは次の2つです。

ジャンル理解で意識した二つのこととは?

TAKA
もともとは得意ではない業界でした・・・単純に検索ボリュームが高めの業界ということで始めた特化ブログです。

ライバルチェック

この業界のライバルサイトのチェックを徹底しました!

個人サイト、無料ブログ、まとめサイト・・・・アクセスを上げているライバルサイトすべてです。

そしてそのライバルサイトのキーワードを抜き出して、そのキーワードをペルソナが検索する理由も徹底して考えましたね・・それを続けることで「流れ」を掴んでいきました。

現在は、テレビや雑誌などで情報を得ずともライバルサイトの動きをチェックしてさえいれば ※(最近はあまりしないですが・・)そのジャンルの近い未来みたいなことも読めるようになってきましたね。

記事更新後の結果をチェック

これは、80記事くらい書いた頃からですが記事更新後の結果のチェックを徹底しました・・・。

思い通りに上位表示出来なくて、アクセスが上がらなかったときはもちろんのこと狙い通りに上位表示出来て、さらに爆発した時は、特に特に研究しました。

TAKA
なぜ?を明日に残さない作業・・大切だと思います。

1日50PV必ず上がる記事を量産する

現在、行っている作業は「1日50PV必ず上がる記事を量産する」・・ことです。

ショートレンジの炎上系で、その日に2000PV上げて、次の日は500PV、その次の日は100PV・・・・・一週間後は1日のPVが5PVしかない上がらない記事ではなく、ミドル&ロングレンジのキーワードで、1日50PV以上必ず達成する記事を作っています。

行う作業は、基本メソッドの反復・・・のみです。

50PVは、凄く大きいですよ!100記事書けば、5000PVですからね。それも、それ以上書かなくても5000PV達成しますから・・・・。現在のアイドルブログは、1日50PVの記事が増えてるから、炎上系は必要ないということです。

まとめ・・・基本メソッド

最後に特別に、1日50PVの『キーワードストック』の基本メソッドの「流れ」を書いときますね。

関連キーワード取得ツールに1語のキーワードを入れる

②2語のキーワードをすべてコピーする

キーワードプランナーにすべて張り付けて、ボリュームを調べる

④100~以上の2語キーワードをリストアップ

⑤リストアップしたキーワードのボリュームグラフをグーグルトレンドで調べる

⑥ボリュームグラフがあるキーワードをストックしていく

ここからは、ライバルチェックを行い、上位表示可能なキーワードの記事を書いていきます。

TAKA
※関連キーワード取得ツール、キーワードプランナー、グーグルトレンド、これらはすべて無料ツールなので、ガンガン使いましょう!

⑤⑥の作業方法はこちらで確認してください。

⇒ミドル&ロングの複合キーワード検索数「ボリュームグラフ」の調べ方

一連の作業の流れは、また動画を作成しますね♪・・本日は以上です、でわまた。